ほくろやいぼは、変化する?

身体にある、ほくろやいぼの色や大さが変化していることがあります。
私たちの皮膚に出来るほくろやいぼは、放っておいても害のないものと、悪性に変化する可能性があり、治療が必要なものがあります。
一般的なほくろは、色素細胞母斑と呼ばれ、色も黒や茶色だけでなく、赤っぽいものなど様々です。

普通は放っておいて問題ないものですが、急に大きくなったり、色の変化や、膿をもつなどの異常が現れた場合には、悪性の可能性も考えられる為、皮膚科を受診する必要があります。
一方、いぼは小さなドーム状に盛り上がる皮膚の腫瘍ですが、ウイルス性のものや老化によって出来るものがほとんどです。
自然になくなる事もありますが、ウイルス性のものを傷つけると、周囲に広がってしまう恐れもあります。

老化によるものは放置しても健康に害はありませんが、判断が出来ない場合は、皮膚科で相談すると安心です。
老人性といっても、遺伝や紫外線により、20代や30代で出来る人もいます。
このように、ほくろやいぼにも良性や悪性があり、変化を感じたらすぐに専門の医療機関を受診しましょう。

1-picture

取れそうないぼやほくろは取ってもいいの?

身体や顔に出来たいぼやほくろは、厄介で見た目も悪いため、取れそうなものは、出来れば取りたいものですが、そんなときに自分で取ってしまっても問題はないのでしょうか。
大抵のいぼや、ほくろは良性なので取っても問題はないかもしれませんが、まれに、悪性のいぼやほくろがあります。

その場合、皮膚癌だったりするとあとで、大きく削らなければなりません。
そのため、迷った場合には、皮膚科で受診した方が安心です。
いぼやほくろには保険が適用され、皮膚科などの医療機関で除去する場合はレーザー療法が主流です。
レーザー治療は、麻酔を施すため、痛みを感じることがなく、通院も1、2回程度です。
除去費用はいぼやほくろの大きさや医療機関によって異なります。

取れそうないぼやほくろを、自分で取る場合には、かみそりなどで切り落とすことが出来ますが、抵抗がある場合は、細い糸で根元をきつく縛り、壊死させてしまう方法もあります。
この方法は、しっかりと根元を縛れば約5日から1週間のうちにポロリと取れてしまいます。
取れそうないぼを取った後は、しっかりと消毒し、黴菌が入らないようにすることが大切です。
また、放置しておく場合も、感染性のものもあるため、あまり触らないようにするのが良いでしょう。

2-picture

背中のいぼやほくろを取るには?

人間の体は老化と共に様々な変化が生じますが、いぼやほくろの発生もその一つです。
いぼやほくろは、目立つ場所に出来てしまうと気になります。
特に夏場など、肌の露出が増える時期は、腕や背中のいぼやほくろが気になります。

腕や背中のいぼやほくろは自分で除去するには、手が届かないこともあり、難しいでしょう。
跡を残さず、安全に除去したいのであれば、専門のクリニックや皮膚科、形成外科などで治療出来ます。
治療費を抑えたいのであれば、保険適用で治療を受けることが可能な皮膚科が良いでしょう。
費用を抑えられる他、ほくろやいぼの病理検査も行えます。

ただし、除去のみの目的で行われるため、除去後の傷跡や肌の状態に保証はないようです。
傷跡をなるべく残さず、治療後の肌トラブルの心配がない治療を求めるのであれば、形成外科や専門のクリニックの治療を選択しましょう。
ただし、保険適用されない場合が多く、高額な費用がかかることもあります。
このように、メリットやデメリットが考えられるため、慎重に選んで治療するようにしましょう。

3-picture

まずはどうするか?

ほくろといぼがあることで、気分が落ち込むという人もいるかと思います。
大事なこととして、ほくろといぼについてもっとよく知るということですね。
いぼに関しては、このサイトが大量の知識を載せていますので、興味があれば訪ねてみてはいかがでしょうか。

このサイトでは、特に脇の下のイボについての情報を多く載せています。
特に役に立つのは、脇の下のイボを取る情報について説明されている部分です。
是非、参考にしてみてくださいね。

参考になるサイトは以下です。
脇の下のイボを取るにはどうしたらいい?
ご参考までにどうぞ・・・。